色あせないで残したい一生に1度の子供の写真

写真は残しておきたくても劣化してしまう

自分の子供の写真を一生きれいな状態で残しておきたいと思う人は多いでしょう。しかしながら年月が経つごとに写真が黄ばんでしまったり、とっておいたデータがなくなってしまうなどといったトラブルも少なくありません。子供の頃の写真を劣化させることなく保存させる動きとして、近年フォトアルバムを作る会社が増えています。スマートフォンの専用アプリでカメラで撮った写真を選ぶだけで1冊のアルバムにまとめてくれると言う会社です。また黄ばんでしまったり、汚れてしまった写真に関しても元の状態に復元してくれる会社まで現れたことから、写真をきれいな状態でいつまでも大切に保存することが可能な時代になりました。

自分の子供の写真でグッズを作る

写真として残してたりアルバムにするだけではなく、子供の写真をグッズとして残す方法があります。例えばクッションやキーホルダーにして残したり、Tシャツやマグカップなど世界に1つだけのグッズとして子供の写真をプリントすることで残しておく方法があります。この方法であれば大切に保管することができるため、何年たっても懐かしさを感じながら写真を眺めることができます。実用的に使うこともできるのでとても便利で贈り物としても喜ばれます。子供が大きくなってから成長した記念や結婚の記念に渡すと言う家族も多く、年々依頼が増えています。後から文字を入れたり飾りやデザインを変更することもできるので素敵な記念品として残しておくのも良いでしょう。

学校写真を撮影するにあたり、プロのカメラマンの経歴や撮影費用の相場などを確かめておくことが大切です。