不安を解消!!40代の結婚式は若いカップルと同じでいいの?

担当者に遠慮は無用!

結婚式は誰にとっても初めてのことで、30代や40代の花嫁であっても不慣れであるのが当然でしょう。職場での仕事量や責任などから準備のためにそんなに時間を使えないという人も多いかもしれません。そんな大人婚のカップルこそ、ウエディングプランナーを上手に使いましょう。年下でも男性であっても担当者はプロですから、必ず二人の強い味方になってくれるでしょう。遠慮は無用と考えて、積極的にどんどん相談していくことが大事ですよ。

再婚でも華やかに行うこと

大人婚の場合は、カップルのどちらかが再婚であったり、どちらも再婚というケースもあるでしょう。再婚だから華やかな結婚式は避けようという考え方をするカップルもいますが、それは改めましょう。別れの悲しみや離婚の辛さを経験したことのある人は、人の痛みというものを知っています。傷ついた人がその痛みをきちんと受け止めて前へ進むことはこれからの人生においてもプラスに働くでしょう。そのため、セカンドウエディングは最初の結婚式同様にあるいはそれ以上に重要ですから、仕切り直しの一日としましょう。

姪や甥も参加してもらいたい

大人婚の場合、挙式に姪や甥を招待すると事情を知らないゲストは結婚するカップルの子どもだと勘違いしてしまうこともあるでしょう。本来、小さな子供が新郎新婦と親しく接する様子は愛らしく素敵なものです。もうお子さんがいたのかしらと勘違いし、関係性が明確にならないまま疑問をもって一日を終えてしまったゲストがいるというのも残念ですから、司会者に登場の際に紹介してもらうなどして、どんなゲストにも理解してもらえるように工夫をしておきましょう。

結婚式場を神奈川で探している場合、様々な結婚式場があり結婚専用雑誌やネットなどで探す事が可能となっています。