知っておいて損はない!結婚式の料理選びの注意点

妊婦さんや子連れのゲストへ配慮した料理にする

結婚式には親や兄弟をはじめいろいろなゲストを招待しますが、中には妊婦さんや子連れのゲストを招待することもあるかもしれません。例えば、妊婦さんの場合であれば、匂いが駄目だったり、体調が悪くて料理を起こしてしまう可能性があります。ですから、もし妊婦さんや子連れのゲストを招待するのであれば、途中で退出しても料理が残しやすいように、事前に結婚式場のスタッフに対して伝えておくということが大事になってきます。

料理がゴージャスになり過ぎないようにする

結婚式の料理は、高級であったり、派手であればよいというわけではなく、全体のバランスが大事になってきます。例えば、フォアグラや伊勢エビ、サーロインステーキなどは豪華なメニューではありますが、こういったメニューを一気に組み合わせてしまうと、ゲストによっては具合が悪くなってしまう人もいるので注意が必要になってきます。メインとなる豪華なメニューも大事ですが、食べ合わせがのよい組み合わせとなるようなメニューを考えることが本当の意味でのおもてなしになります。

服が汚れない料理を選ぶ

結婚式に招待されたゲストは、ほとんど一張羅を着て結婚式に向かいます。ですから、あまり食べにくい料理であったり、服が汚れてしまうような料理はなるべく選ばないようにするということが大事になってきます。特に汁が飛んだり、垂れてしまうような料理は結婚式の料理のメニューからは外しておいた方が無難であると言えるでしょう。また、メインディッシュばかりに気を取られてしまうこともあるかもしれませんが、デザートに関しても、甘いものが苦手なゲストもいるので、甘いものが苦手なゲストにも対応したデザートを用意するとゲストに喜ばれるでしょう。

神社仏閣が多く残る京都では、結婚式を挙げられる神社なども多くあります。そのため、京都の結婚式場は格式の高い式場が多くあります。